カードローンとキャッシングの違いは?

お金を借りるという意味ではどちらも同じですが、キャッシングは小口融資のことで、これに対しカードローンは小口融資にも大口融資にも対応しています。
キャッシングと聞いて一番身近なものといえばクレジットカードに付帯されているキャッシング機能かと思います。
小口の現金を引き出すことが出来、原則翌月一括払いとなります。
カードローンはキャッシングに比べ借り入れできる金額が大きいため返済はリボルビング払いとなります。
また設定された限度額内であれば繰り返しお金を引き出すことが可能ですので、急な出費時にも即座に対応できる利便性の高さも特徴です。
カードローンの金利は極度額によって決まり高額になれば金利は安く、逆に極度額が少額であれば金利は高くなります。
基本的にクレカのキャッシングのほうが金利は高いため、賢くお金を借りるのであればカードローンを利用するほうが良いです。
カードローンは借り入れできる金額が大きく金利が低めであるためキャッシングよりも審査基準は厳し目になります。
一括払いできる金額を借りる場合や一括払いのほうが金利が抑えられるという場合はキャッシングが良いでしょう。
逆に一括払いが困難な金額を借りる場合はカードローンが適しています。お金借りるところはどこ?

カードローンとキャッシングの違いは?